S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

Amazon

プロフィール

yasudacksk

Author:yasudacksk
大学進学とともに町を離れ、音楽業界で宣伝と制作を12年、その後、台北生活を経てUターン。縁あって生まれ故郷のいいところ、を再発見できる仕事をさせていただいていたyasudackskです。「帰る場所があったから、がんばれた」大好きなこの田舎町から、高知県東部の「癒しどころ」を、少しでも多く発信して、一人でも多くの方に体感してもらいたいと思います。東部はほんとにいいところ。「こころの洗濯」にもうってつけ!高知県東部のにお越しの際は、贅沢ネイチャーワールド「やすだじかん」をご体感下さい。

HMVランキング

HMVジャパン HMVジャパン

blogram

高知県東部の情報(リンク)

勝手にリンクしちゃってすみませんm(__)m

FC2カウンター

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[安田町] 大心劇場 「蕨野行(わらびのこう) 」上映と、舞台挨拶

来る11月8日〜11日まで安田町・山の映画館「大心劇場」にて
恩地日出夫監督作品「蕨野行(わらびのこう)」が上映されます。
th_蕨野行_0001

特に、11月10日(土)は、上映前18:30より、
脚本家の渡辺寿さんの舞台挨拶と、
上映後の懇親会があるそうです。

この映画は山形ロケですが、脚本家の方が来られるとなれば、
面白いお話はもちろん、我が東部地域も地元PRの絶好のチャンス〜♪♪
・・・・ということで、皆様是非ご参加を!!
th_蕨野行_0002

日 時 2012年11月8日~11日
昼)13:00~、夜)19:00~2回上映
★10日は夜の部のみ1回のみ


場 所 大心劇場

蕨野行
監督 恩地日出夫
<四万十川(1991)、生きてみたいもう一度新宿バス放火事件(1985)、
 地球へ…(1980)、昭和元禄 TOKYO196X年(1968)、伊豆の踊子(1967)>
原作 村田喜代子
脚本 渡辺寿
<BreathLess ブレス・レス(2005)、生きてみたいもう一度 新宿バス放火事件(1985)、
 刑事物語2 りんごの詩(1983)>
出演 市原悦子、石橋蓮司、清水美那、李麗仙

内 容
江戸時代、東北の山里にある小さな村には隠された掟があった。60の歳を迎えた老人はみな村を出て、半里ほど離れた蕨野に住むのだ。蕨野に移り住んだ老人たちは蕨衆と呼ばれ、農家の手伝いによってのみその日の糧を得ることが許されていた。それは庄屋の母・レンでも例外ではなかった。レンにとって気がかりなのは息子の若い嫁・ヌイだ。他の村から嫁いだヌイは、まるで実の母のようにレンを慕っていた。その年、村を凶作が襲った…。
(『goo映画』より)

入場料 大人1500円、中高生1300円、小学生以下1000円
館発行の通行手形で割引あり。


問合せ 大心劇場 0887-38-7062


【お店データ】
ミニシアター・山の映画館「大心劇場」/喫茶「豆でんきゅう」
安芸郡安田町内京坊992-1
TEL)0887-38-7062


↓ 読んでいただきありがとうございます。ただいまブログランキングに参加しております。安田町のある高知県東部や中芸エリアをたくさんの方に知っていただきたいので、よかったらポチっと応援、よろしくお願いします。謝謝(*^o^*)/
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へblogram投票ボタン
関連記事
[安田町] 輝るぽーと安田3周年記念フェア | HOME | [安田町] 大心劇場 ジョイントライブ

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。